大掃除.net

きれいになる窓ふきの方法

年末が近づくといよいよ大掃除の時期になりますが、窓汚れは案外普段生活していると気になりませんが、実は煙草のヤニやほこり、油汚れなどで結構汚くなっています。また、外側の同様で砂埃などで汚れています。いざ窓ふきをしてみると思いのほか難しく、ふいた後が逆に汚くなったり、液だれしたりする場合も多いかと思います。
窓ふきを綺麗に行うコツとして、まず窓ふきに便利なアイテムをそろえます。一番便利に掃除できるものとして、ハンドワイパーがあると便利です。ホームセンターや雑貨屋などで手に入るアイテムですが、まず窓に中性洗剤を薄めた液をスプレーなどで吹きかけ、その部分を上から下に、ワイパーを横にかけていきます。この時何度もかけると逆に液だれなどで汚くなりますので、一度ですっとふいてください。
枠の分部には使い古した歯ブラシなどに洗剤やクレンザーなどをつけてこすると簡単に綺麗になります。下の部分は埃もたまりやすいので歯ブラシでかき出しましょう。
最後に、窓に水分が若干残っているうちに、丸めた新聞紙でさっと全体をふきます。何故新聞紙でふくかと言うと、新聞紙に使われているインク部分がワックスのような艶出し効果があり、またくもりの予防にもなるため、ふき終わりが一段と綺麗になります。
以上のことを踏まえて、大掃除の窓ふきを乗り切りましょう。

サッシをきれいにする方法

もうじき、大掃除の季節がやってきます。年末に掃除することによって、綺麗な気持ちで新年を迎えることができます。居間、お風呂場、台所等の普段できない細かい場所にも目を向けることが大切です。
窓掃除は市販で売られているスプレーをふきかけ、さっと吹きかけることで簡単に行うことができます。問題はサッシ部分です。普段から綺麗にしているという方もいると思いますが、砂やほこりでまた汚れてしまうということもあります。またサッシ部分は幅が狭いので雑巾で拭こうとしてもふきにくく汚れが落ちにくいです。そこで便利なのがスポンジです。スポンジにカッターで切り込みを縦方向に4、5本程入れ、横も一センチくらいの正方形になるように切っていきます。それだけでもう便利になっています。サッシの部分に入り込みやすく、隙間の汚れが落ちやすくなります。
また最初にサッシの砂を割り箸や歯ブラシでそのままこすって汚れを浮きだたせ、掃除機でその汚れを吸い取ります。その後、割り箸に雑巾やティッシュを巻きつけてこすることで綺麗にすることもできます。
サッシは隅の部分が一番と汚れもたまりますし、目立ちますのでそこを掃除することで一気に綺麗に見えます。

注目の大掃除情報

蛍光灯ならお任せください